返済できない場合の不動産は任意売却|必要なお金を手元に置く

積み木

住宅を売る

女の人

マイホームを売却するのはとても悲しいことですが、お金が手元に無い方などは仕方なく売ることがあります。そのような時には競売などに掛けることで住宅を売ることが出来ます。

詳しく見る

価格だけで選ばない

積み木の家

不動産の購入をするにはかなり悩むことでしょう。住宅の外装や内装だけではなく周辺の土地を調べることも大切です。そうすることで駅が近いや、スーパーが近いなどの利便性も調べることが出来ます。

詳しく見る

住宅ローンのありがたさ

積み木の街

相場は普通の売買と異なる

ふじみ野で住宅ローンによって不動産を購入するときには、住宅ローンの審査に通らなくてはいけません。一般的に、住宅ローンの審査を受けるときには担保を用意しなくてはならないのです。担保は保証人や連帯保証人が一般的ですが、住宅ローンのような大型のローンでは不動産を担保のする事が基本です。ふじみ野で住宅ローンを返済することが出来なくなった場合には、この不動産によって返済をする事が可能になるのです。そして、こうした負債を返済することが出来なくなった場合に不動産を売却することを任意売却と言います。基本的に、任意売却の相場は一般的な不動産の売買よりも小さくなっています。早急に不動産を売らなくてはいけないため、任意売却では相場よりも取引の早さが求められるのです。

必要なお金を手元に置くことができる

任意売却で売ったとしても、不動産から生じた金銭は全て住宅ローンの返済分として支払わなくてはいけないわけではありません。必要な分は、その不動産を担保にした元の所有者が持っていても構わないのです。例えば、不動産を売却するときには売却費用が必要になります。それに加えて、持っていた不動産を売却することになるため住む家も無くなります。新しい物件を探さないといけなくなるため、そのための生活費用はとっておいて何の問題もないのです。このような、これからの生活で必要になる費用まで支払わなくてはいけない法律的な決まりは存在しません。任意売却の目的は返済できる分の負債を返済することなので、それ以上のことはしなくても良いのです。

損はしない

女性

不動産を売るとなると、一戸建てやマンションの価値を知ることも必要ですが、その流れを知ることも必要です。売る際のポイントを掴んでおくことで損をしない売却が可能です。

詳しく見る